定期公演


ストリートダンスや世界の民族舞踊などをMIXしながら一つの物語をダンスで演じる特殊なダンス公演を平成12年より毎年行っております。現在のストリートダンス界に新風を巻き起こしたダンス公演として県内外からの注目も高い公演です。




2013年 劇場版 HIPHOP Dance 「胡弓の華」

 

この物語は脚本家 南法聖観氏によって書かれたオリジナルの物語を県内外の小~高校生ダンサーがストリートダンス・フラメンコ・中国舞踊などで演じた作品です。

 

群馬県桐生市市民文化会館 シルク大ホール

 


2014年 劇場版 HIPHOP Dance 「平安物語」=琥珀の笛

 

この物語は脚本家 南法聖観氏によってTAJIMA公演の為に特別に書かれたもので平安時代を背景に繰り広げられた5人の楽師と帝の物語を県内外の小学生~大人までのダンサー達がストリートダンスと雅楽のコラボレーションを見事に演じた作品です。

 

群馬県桐生市市民文化会館 シルク大ホール